山久建築工業の得意とするところはオーダーメイドの家づくり!
アンティーク調・古民家調・プロバンス調と新築から増改築・リフォームまでお客様のご希望に応えます。

メールでのお問い合わせ

まず最初にこれを用意してください。

ご自分の気に入った家をつくりたいのは何よりも重要なことです。デザイン性、快適性、価格なども含めてつくり手(設計者や工務店)に何を伝えたら良いのでしょうか?うまく伝わらない、意思の疎通が悪いと良い家が出来ないのではと不安をお持ちの方も多いと思います。
 作り手として設計に必要な情報で具体的に聞きたい事とイメージや感覚だけで理解出来れば良い事があります。
絶対に何かを決めておかなければならないと言うことはありません。こちらでヒアリングをさせて頂きます。

● 必要な情報

・土地の情報 建築場所、測量図、道路幅など(もちろん現地調査も致します。)
・家族構成
・資金計画(総予算の把握をする事が必要です。)
・自己資金、支払い能力(毎月の返済額)など

● イメージ的な事

・現在の暮らし方、お住まいにどんな不安、不満があるのかを考えてください。
 (寒い、暑い、暗い、うるさい、狭い、使いづらい、収納が少ないなど)
・こだわり(優先順位)は何ですか?
 (快適性、デザイン性、色、空間構成、材料、広さ、価格)

家造りのスケジュール(手順)
1. 打ち合わせ【初回】(弊社事務所や見学会場にて)

お互いの相性を探る為の面談だとお考え下さい。お客様のご要望を、お聞きしながら私共の家づくりの考え方をご理解頂きます。特に予算的な部分は重要ですので当初から本体工事、付帯工事、別途工事などの内容をご理解頂き、総額を把握して頂きます。(全てが入った総事業費としての理解が必要です。)
 また完成時期の目安に関しても、ご説明をさせて頂きます。見学会へのご参加やOB宅にご案内をする事など実際の弊社の家づくりをご覧下さい。

ここまでの段階でお互いに納得して、家づくりを進めていけると判断が出来れば、設計申込み(有料)をして頂きます。

ここからが家づくりのスタートです、設計・プランニングに関しての進め方のご説明をさせて頂きます。質問シートをお渡しして、それに沿ったご要望を次回打ち合わせまでに記入して頂きます。

2. 打ち合わせ【2回目】

質問シートによるご要望のヒアリングをさせて頂き、設計に関するまとめ方を整理します。測量図などの敷地の資料やお気に入りの外観、内観などのスクラップブックをお持ち頂いても結構です。後日敷地調査や現在お住まいの暮らしぶりなど拝見させて頂くなど致します。その後プラン作成に入ります。

3. 打ち合わせ【3回目】

1/50の平面プランと外観図による打ち合わせをさせて頂きます。修正なども行い、プラン決定後に見積もりに入ります。

4. 打ち合わせ【4回目】
  • お見積り提出
  • 内容のご説明
  • 予算調整
  • 建築確認申請の手配
  • 回数は目安です、大よその流れを確認下さい。(半年〜1年程度 掛かる場合もございます)
5. ご契約
  • 契約金額のご確認
  • 支払い条件のご確認
  • 工事契約約款のご説明
  • 住宅総合保証制度(地盤、瑕疵、完成)のご説明
  • 契約金のお支払いなど
6. ご挨拶、解体工事(建替えの場合)
  • 近隣へのご挨拶
  • 解体工事着工
  • 解体後の地盤調査(基礎補強の判定)
  • 地鎮祭
  • 神職(神主)の拝礼
  • 地縄貼りにより建物位置の確認
解体工事

解体工事

地盤調査

地盤調査

地鎮祭

地鎮祭

7. 基礎工事着工

1回目瑕疵検査(配筋検査)

配筋工事

配筋工事

コンクリート打ち

コンクリート打ち

8. 上棟(建前)
  • 上棟式
  • 2回目瑕疵検査(骨組み、金物検査)
  • 上棟時お支払いなど
上棟

上 棟

9. 木工事、内外部工事、仕上げ工事

仕上げ材の種類、色なども決定していきます。(中間金のお支払い)

大工工事

大工工事

床張り

床張り

10. 検査、竣工、お引渡し
  • 最集金のお支払い(追加工事の精算)や瑕疵保証書のお渡し(長期保証)
  • メンテナンス、定期点検などのアフターサービスのご説明
11. お引渡し後

「家守り」として建てた後の保守、点検を致します。
お引渡し後、定期点検を実施致します。